塗装

塗装

チェック多機能性断熱素材「ガイナ」

ガイナは夏の暑さや冬の寒さに対応するだけでなく、騒音や臭いにも対応できる画期的な塗料です。
住まいの不満を解消し、快適な住環境を実現します。

ガイナ

■ガイナの特徴
●暑さ対策には「断熱」「遮熱」「透湿」
ガイナの球体セラミックが太陽光に含まれる赤外線を反射し、壁や屋根の温度上昇を最小限に抑えます。
●寒さ対策には「断熱」「保温」
熱は、温度の高いところから低いところへ移動する性質を持っています。そのため、壁や天井の温度が低いところから、折角暖めた室内の空気を逃がしてしまいます。ガイナを壁や天井に施工することで、外気を遮断するだけでなく、暖まった室内の空気を外に逃がさない効果が得られます。
●騒音対策には「遮音」「防音」
ガイナの塗膜面は大量のセラミックで隙間なく覆われています。そのため、効率よく音を反射するだけでなく、塗膜内で多層になったセラミックの制振効果によって音の振動を軽減します。
●臭い対策には「防汚」「消臭」
ガイナは帯電性0.0の性質を持っており、汚濁物質(埃・チリ・花粉等)が付着しにくくなっています。さらに、「イオン化した水分」が「浮遊している汚濁物質」と結合することで、汚濁物質の浮遊を軽減します。空気質改善効果があるため、臭い対策としても有効です。
●その他「防露」「防水」「耐久」「弾性」「安全」「不燃」
紫外線に対して最も強いセラミックを多層化したガイナは、通常の塗料の2~3倍の耐久性を持ち、断熱・遮熱性能などにより建物の膨張・収縮を最小限に抑えることが出来ます。室内用のガイナは、室内空気環境の安全性の目安となるF☆☆☆☆(フォースター)を取得しているため、アルデヒド類や揮発性有機化合物に対する安全性が確保されています。

チェック消熱塗料「ネオコート」

ネオコートは温度上昇を防ぐ塗料です。屋根や外壁・屋上などに塗布すると室温を下げる効果があり、それによって「エアコン代節約」と「CO2削減」に貢献します。

ネオコート

■ネオコートの特徴
●ヒートアイランド対策に有効
ネオコートは、太陽光の熱を吸収し、熱交換分子が熱を運動エネルギーに変換することによって表面温度を下げます。そのため照り返しが起こらず、照り返しの熱によって問題になっている「ヒートアイランド現象」に対して、非常に有効な対策となります。
●消熱効果の持続性
一般的な塗料の場合、塗膜面に汚れが付着することによって効果が薄れてしまいます。しかし、ネオコートは熱に反応して効果を発揮する塗料のため、風雨や汚れに影響を受けることがありません。
●反射型遮熱塗料との違い
反射型遮熱塗料は、太陽光を反射することで室内の温度上昇を抑えます。そのため夏場は涼しく過ごせますが、冬場も太陽光を反射するため寒くなってしまう傾向があります。ネオコートの熱交換分子は、25℃以下では運動が起きないという特性を持っています。そのため、夏場の暑さを軽減する効果はありますが、冬場の暖房効率を下げることはありません。

その他遮熱塗装

屋根の表面に直射日光が当たると、その熱で屋根の温度が急激に上昇し、同時に室内温度も高くなってしまいます。太陽光線に対する抜群の反射率と熱放射率に優れた遮熱塗料は、屋根の表面温度を従来の屋根・壁用塗料と比較して15℃~20℃も低減させることが出来ます。 エアコンなどの空調設備の省エネ対策として、抜群の効果を発揮します。